髪のアンチエイジング

老人

黒髪に戻すには

髪は加齢により白髪になると考えられていますが、加齢以外にも白髪には原因があります。元々、発毛時に産毛として生えてくる毛髪は白髪のように色がついていません。赤ちゃんが生まれて初めて生えてくる髪は細く透明に近い産毛で、成長してくると共にメラニン色素という細胞が髪の着色に寄与します。加齢や生活習慣、間違ったヘアケア、体調不良、ストレスなどの様々な原因により白髪ができると言われていますが、加齢により白髪が出現する年齢は遺伝的要素が高いと言われています。医学的な根拠として完全に照明されていないですが、40歳を境に白髪の出現率が高くなり、高齢者の多は白髪となると言われています。ただし、中には80歳でも黒髪をキープしている人もおられます。一旦白髪になると黒髪に戻りにくいと考えられていますが、改善するケースのあるようです。また、白髪の生成を遅らせるために予防も可能といわれています。加齢により髪が白くなるケースでは成長ホルモンの分泌が減少しており、これを補うことにより改善や予防が可能と考えられています。髪を黒く着色するメラニンの生成機能不全の原因に体内での過酸化水素の蓄積があります。人の体内では、常に活性酸素が作られますが若い時にはこれを分解する酵素が白髪をブロックします。加齢は誰にも訪れ、これを防ぐことはできません。ただし、日々の努力で改善は可能です。ビタミンやミネラルはメラニンの生成を助けます。銅や亜鉛などの含まれるサプリメントを摂取することも効果的です。また、髪は夜に成長すると言われており、質の良い睡眠も予防策となります。紫外線を避けることも予防となり、正しいヘアケアにより水分バランスのコントロールを行うことでも改善が期待できます。

Copyright© 2018 白髪は発生する前に予防する!ストレスを感じない予防方法 All Rights Reserved.